藤岡が北海道科学技術奨励賞を受賞しました

北海道科学技術奨励賞

藤岡 容一朗 「インフルエンザウイルス宿主細胞侵入機構の解明」

 

令和2年2月26日(水)午後3時からセンチュリーロイヤルホテルで行われる贈呈式に参加いたします。

 

※北海道科学技術奨励賞・・・北海道の発展に寄与することが期待される科学技術上の優れた発明、研究を行い、今後の活躍が期待される若手研究者に、知事表彰として贈呈される賞

藤岡が第8回北海道癌談話会奨励賞を受賞式に参加しました

第8回北海道癌談話会例会

日付:2019年10月12日(土)

場所:札幌医科大学

 

藤岡が北海道癌談話会奨励賞を受賞し授賞式に参加いたしました。

<受賞対象論文>

「A Sialylated Voltage-Dependent Ca2+ Channel Binds Hemagglutinin and Mediates Influenza A Virus Entry into Mammalian Cells. 」

北海道癌談話会奨励賞 2019年受賞者

藤岡容一朗が「平成30年度コニカミノルタ画像科学奨励賞」を受賞しました

公益財団法人コニカミノルタ科学技術振興財団による

光と画像領域の研究に従事する若手研究者を対象とした研究助成について

藤岡容一朗の研究にご支援をいただくこととなりました。

 

平成30年度コニカミノルタ画像科学奨励賞

受賞者:藤岡容一朗

研究内容:「蛍光画像の定量解析と機械学習によるウイルス感染細胞予測システムの開発」

ご支援をいただき、さらに研究活動に励んでまいります。

 

ニュースリリースページ

 

佐藤、柏木が第98回日本生理学会北海道地方会若手優秀発表賞を受賞しました

2018年10月6日(土)、第98回日本生理学会北海道地方会において

佐藤絢(DC4)、柏木彩花(DC2)が若手優秀発表賞を受賞しました。

 

<受賞演題>

佐藤 絢
「ミトコンドリア−エンドソーム間相互作用によるエンドサイトーシス制御機構」

柏木彩花
「Ras-PI3Kシグナリングの時空間的制御におけるNa,K-ATPaseサブユニットの役割」