第42回日本分子生物学会年会に参加しました

第42回日本分子生物学会年会

会期:2019年12月3日(火)〜6日(金)

会場:福岡国際会議場・マリンメッセ福岡・福岡サンパレス ホテル&ホール

 

大場、藤岡、天野、吉田が参加し、研究発表を行いました。

 

<ポスター発表>

12月3日(火)

「インフルエンザウイルス粒子の細胞取り込み機構の解析」

○藤岡 容一朗, 佐藤 絢, 吉田 藍子, 笹島 仁, Sarad Paudel, 皆川 慶嘉, 田端 和仁, 野地 博行, 大場 雄介

 

12月4日(水)

「IRS4はRas ‐ PI3K複合体のエンドソーム局在化を介して依存性エンドサイトーシスを制御する」

○天野 麻穂, 藤岡 容一朗, 佐藤 絢, 堀内 浩水, 吉田 藍子, 笹島 仁, 小布施 力史, 大場 雄介

 

「Probing in vivo dynamics of plasma membrane during clathrin-mediated endocytosis」

○Aiko Yoshida, Nobuaki Sakai, Naoki Takahashi, Shige H. Yoshimura, Yusuke Ohba

 

<ワークショップ>

12月5日(木):細胞機能を読み解く次世代ライブイメージング

「Probing in vivo dynamics of plasma membrane during clathrin-mediated endocytosis」

○Aiko Yoshida, Nobuaki Sakai, Naoki Takahashi, Shige H. Yoshimura, Yusuke Ohba