令和元年度北海道大学大学院医学院・医学研究科学位記伝達式

令和2年3月25日(水)は北海道大学大学院医学院・医学研究科学位記伝達式の予定でしたが

新型コロナウイルス感染拡大防止措置により開催を中止することとなっておりました。

博士課程修了者である柏木彩花への学位記は所属教室を経由しお渡しすることになり、研究室にて学位記伝達をおこないました。

 

↓ 伝達の様子、学位記を持つ柏木さん

研究イベント”超異分野meetup”に参加しました。

文部科学省科学技術人材育成費補助事業ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(牽引型)

超異分野meetup 〜Toward innovation beyond boundaries~

 

日付:2020年3月4日(水)

場所:北海道大学学術交流会館

 

新型コロナウイルス感染拡大防止のためイベントの内容が変更され、

会場にて直接の研究紹介は叶いませんでしたが

当研究室大場・藤岡・天野・吉田・佐藤・柏木の誌上発表をしました。

 

医学研究演習が行われました

2020年1月27日〜2月21日の期間中、医学研究科臨床医学コース・医学研究演習(※)が行われました。

今回当研究室には4名の学生が配属となり、研究の基礎について学びました。

2月19日に学生が期間中に学んだことをプレゼンテーションする成果発表会を行い、無事に演習を終えました。 

期間中の様子↓

 

 

※医学研究科臨床医学コース・医学研究演習

医学研究の入門となる医学研究演習を約1カ月行います。

ここでは、学生が研究室に配属され実験の方法や考え方を学ぶことで科学的な理解力・観察力・判断力ならびに協調性を養い、将来の基礎医学研究者や研究医となるための素養を磨きます。

 

 

 

藤岡が北海道科学技術奨励賞を受賞しました

北海道科学技術奨励賞

藤岡 容一朗 「インフルエンザウイルス宿主細胞侵入機構の解明」

 

令和2年2月26日(水)午後3時からセンチュリーロイヤルホテルで行われる贈呈式に参加いたします。

 

※北海道科学技術奨励賞・・・北海道の発展に寄与することが期待される科学技術上の優れた発明、研究を行い、今後の活躍が期待される若手研究者に、知事表彰として贈呈される賞

ASCB/EMBO 2019 meetingに参加しました

ASCB/EMBO 2019meeting

会期:2019年12月7日(土)〜11日(水)

会場:Walter E. Washington Convention Center(アメリカ ワシントンD.C.

 

大場、天野、吉田、佐藤が参加し、研究発表を行いました。

 

<口頭発表>

2019年12月8日 ミニシンポジウム5: “Quantitative Approaches to Cell Biology”

Live-cell imaging and analysis of the plasma membrane dynamics during clathrin-mediated endocytosis by high-speed atomic force microscopy

○A. Yoshida, N . Sakai, N . Takahashi, S . H . Yoshimura, Y . Ohba

 

<ポスター発表>

2019年12月9日(月)

Functional Analysis of Mitochondria-endosome Interaction in the Regulation of Endocytosis.

○A. O. Satoh, Y .Fujioka, H. Sasajima, S . Paudel, A . Nanbo, Y . Ohba

 

2019年12月10日(火)

Live-cell imaging and analysis of the plasma membrane dynamics during clathrin-mediated endocytosis by high-speed atomic force microscopy

○A. Yoshida, N . Sakai, N . Takahashi, S . H . Yoshimura, Y . Ohba

 

Irs4 Mediates Egf-dependentUpregulation of Endocytosis through the Recruitment of Ras-pi3k Complex to the Endosome.

○M . Amano, Y. Fujioka, A . O . Satoh, K. Horiuchi, A . Yoshida, H. Sasajima, C . Obuse, Y. Ohba

 

第42回日本分子生物学会年会に参加しました

第42回日本分子生物学会年会

会期:2019年12月3日(火)〜6日(金)

会場:福岡国際会議場・マリンメッセ福岡・福岡サンパレス ホテル&ホール

 

大場、藤岡、天野、吉田が参加し、研究発表を行いました。

 

<ポスター発表>

12月3日(火)

「インフルエンザウイルス粒子の細胞取り込み機構の解析」

○藤岡 容一朗, 佐藤 絢, 吉田 藍子, 笹島 仁, Sarad Paudel, 皆川 慶嘉, 田端 和仁, 野地 博行, 大場 雄介

 

12月4日(水)

「IRS4はRas ‐ PI3K複合体のエンドソーム局在化を介して依存性エンドサイトーシスを制御する」

○天野 麻穂, 藤岡 容一朗, 佐藤 絢, 堀内 浩水, 吉田 藍子, 笹島 仁, 小布施 力史, 大場 雄介

 

「Probing in vivo dynamics of plasma membrane during clathrin-mediated endocytosis」

○Aiko Yoshida, Nobuaki Sakai, Naoki Takahashi, Shige H. Yoshimura, Yusuke Ohba

 

<ワークショップ>

12月5日(木):細胞機能を読み解く次世代ライブイメージング

「Probing in vivo dynamics of plasma membrane during clathrin-mediated endocytosis」

○Aiko Yoshida, Nobuaki Sakai, Naoki Takahashi, Shige H. Yoshimura, Yusuke Ohba

 

「さっぽろサイエンスフェスタ in 北大」に参加します!(2019年12月21日開催)

小中学生向け科学体験イベント「さっぽろサイエンスフェスタ」が

12月21日(土)北海道大学内の学術交流会館にて開催されます!

細胞生理学教室も参加いたします!皆様のご来場をお待ちしております

 

イベント名:さっぽろサイエンスフェスタin北大

日時:2019年12月21日(土)10:30-15:30

場所:北海道大学学術交流会館 (札幌市北区北8条西5丁目)

 

医学研究院 細胞生理学教室ブース:「もっと気軽にミクロの世界を見てみよう」

 

新学術領域「オルガネラゾーン」第2回若手の会に参加しました

新学術領域「オルガネラゾーン」第二回若手の会

会期:2019年11月25日(月)

会場:東京医科歯科大学

大場、佐藤が参加し研究発表を行いました。

 

<ポスター発表>

佐藤 絢「ミトコンドリア−エンドソーム連携ゾーンの機能解析 ー エンドソーム成熟化促進におけるVDAC2の役割」